シミやニキビ跡を消す薬

 

肌トラブルには色々な種類がありますが、その中でもシミやニキビ跡はメラニン色素の沈着で出来る、肌トラブルと言われています。

 

これらの肌トラブルはファンデーションなどでカバーするのが難しい為、悩んでいるという方も多いでしょう。
シミなどメラニン色素が原因で起こる肌トラブルは、美容皮膚科や美容外科といった、美容系のクリニックで治療する事が可能です。
レーザーなどで直接消す事も出来ますが、手軽な薬を使った方法もあるので、まずは医師と相談し自分にあった治療法を探しましょう。

 

シミなどを改善する治療には、塗り薬を使ったものが一般的です。
医療機関で主に使われているのが、ハイドロキノン・レチノイン酸・ビタミンC誘導体が一般的となっています。

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤と言われている程、美白効果の高い成分です。
この成分はメラニン色素の色自体を薄くする作用が高い為、メラニン色素が原因のシミやニキビ跡の改善に有効です。

 

またレチノイン酸は肌の新陳代謝を活性化し、メラニン色素を含んだ古い角質を、早く体外へ排出する作用がありハイドロキノンと一緒に処方される事が多いようです。

 

ビタミンC誘導体は抗酸化作用が高く、新たなシミやニキビが出来にくい肌質にしてくれます。

 

他にもトラネキサム酸など、飲み薬もあるので肌トラブルに合った、治療法を行う事が大切です。

 

40代が選ぶクレンジング